就活失敗したから婚活してみた(忘備録)

内定無しで大学を卒業した24歳。現実逃避として始めた婚活経験がけっこう面白かったので書き残します。

地元ばれ

約1週間の旅行に行ってました。

ぐりは3週間ほどぶっ続けで働いて、1週間丸々休みを取る、というリズムが多いです。

そうすることで休みの開放感は倍増!

そのかわり、それまでの間はくっそストレスたまるけどな☆


というわけで本題。


ついに理系さんからLINEがきました。

『11月の最初の三連休、予定ある?』

これはもう!前回予告された、今度は自分が行きますフラグの回収だな!?

『ありませんッッッッ!!!』

と答えるべきところなのは分かっていたのだが…


私のような誇り高き〇〇県民にとっての11月2.3.4日は、ただの三連休ではない。

ガ民(この県民の通称)にとっての文化の日の三連休は、県で1番大きなイベントが2件も開催される、この三日間だけは福岡県に勝てる!!そんな日なのだ。

私の予想通り、理系さんはこの日に私が住んでいる温泉地を訪問したいと申し出た。

《補足》私はガ民であるが、この時は大学のために他県の某温泉地を現住所としていた。だからつまり、連休は地元のガ県に戻る予定だったのだ。


じゃあ理系さん誘ってそのイベントに行けばいいじゃん?という話なのだが、これはこの地の血を引く者たちによる超ローカルな魂の祭りであるため、東京出身の理系さんはそんなには感動しないのではないかと思う。それに、ジャニーズコンサートのファンなみに大興奮して叫びまくるぐりの姿を2回目のデートで見せるのは何となく危険な気がした。


申し訳ないが理系さんには謝罪し、代わりにその2週間後の日程を提案することに。


けど、そんな地元の誇る魂の祭りに

いつか大切な人を連れて行けたらいいなとも思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。