就活失敗したから婚活してみた(忘備録)

内定無しで大学を卒業した24歳。現実逃避として始めた婚活経験がけっこう面白かったので書き残します。

一次面接直前の非常事態

人は見た目が100パーセントというドラマがちょっと前にあっていました。

どうでもいいけど、あれ漫画の方が面白かったよね。

ブルゾンちえみが出てたから全話観たけどね。


なかなか過激なタイトルだと思うけど、あれはながち間違いでもないと思う今日この頃。



理系さんとの一次面接を一週間後に控えたその日、ぐりは気合いをいれるため、まずゆめタウンに向かい化粧品を新調しました。


ゆめタウン!?だっさ!!

と思ったあなたは都会の人です。


それから隣町のアミュプラザに行き、洋服を下で揃え、3000円もするネックレスを購入。

この時点でその日使った金額は3万円を超えました。バイト代1ヶ月分です。


ここまでは予定通りだったのです。


事件は、その次に行った美容室で起きました。


よく行く美容室の美容師さんは、なぜこんなど田舎でやってんの?というくらい腕が良くて、東京の有名な美容室からのオファーを断って、このど田舎で自分の店を開いたという人。

骨格に合わせて切ってくれるので、いつもお洒落だけどちゃんと自分に似合う髪型にしてくれるのです。


美容師『おっ、ぐりちゃん久しぶり』

ぐり『お久しぶりです!』

美容師『ぐりちゃんが来るってことはなんかあるな?』

そうです。この美容師さんに切ってもらう時は勝負どきが多いのです。


ぐり『落としたい男がいるんです。

いつも通りかっこよく、それでもってセクシーに見えるように切ってください!』

美容師『おっけー。任せてよ。』


ここでぐりの身体的特徴について説明です。


・身長152センチと小柄で、体型はブルゾンちえみをもうちょっとスリムにした感じ。デブまではいかないが、そこそこむっちりしている。

・髪型はブルゾンちえみのような黒髪ストレートボブ、ただしこの時はグレていたので金に近い茶髪です。

・顔は、キリッとしていると言われる。バイト先の酔ったおじさん達からは可愛いと大人気だが、同年代からは『姉さん』と呼ばれ相手にされない。化粧が濃い。ブルゾンメイクと揶揄される。↓これをもうちょいインパクト薄めにした感じ


この状態からかっこよく、そしてセクシーに切ってもらうつもりだったのですが、

終わってから見てみるとなんと…

このくらい短くなっていたのです!!!

しかもキリッとした顔立ちのせいで余計超ボーイッシュに!!!


ぐり『ちょ…短く…ないですか?😨』

美容師『えー?だっておれベリーショート好きだもん。似合ってるよ?』


た、たしかに似合っていないわけではない。

流石だ。カッコイイ。

しかし

初デートには不向きなのではないだろうか!?


次の日大学に行くと、皆口を揃えて

『ジャニーズみたいwww』


女性らしさを失ってしまった。

1番最初が肝心なのに、どうしよう!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。