就活失敗したから婚活してみた(忘備録)

内定無しで大学を卒業した24歳。現実逃避として始めた婚活経験がけっこう面白かったので書き残します。

フラグが…立った!??

婚活サイト登録から1ヶ月。

杉くんとの一悶着を乗り越え、ぐりは新たな展開を迎えようとしていた…!



やっほー☆ぐりです😋

杉くんとは仲直りできたんだけど、実はそれ以上に気になる人ができたの。

それは、手札No.②の『理系さん』!

でも理系さんはあまりマメじゃなくて、1日1通しかメッセージが来ないの…。

焦らしプレイなんてなかなかやるわね…!🔥



あれから地道にやりとりを続けていたけど、やっぱり話が合うというか、考え方や価値観も似ていて共感が多い。


そしてとにかくあの知的な話し方(文章)がどうしてもタイプなのです。


はっきり言って、この時点でぐりはだいぶ理系さんに熱を上げていました(笑)

本名も顔も分からないのに。


お化け屋敷やホラー映画が大好きだという理系さんに「もしかして理系だからお化けのような超常現象は信じていないんですか?だからお化けが怖くないんですか?」と質問したときに返ってきた言葉が、今思えば決定打になっていたと思います。


『お化けは信じていますよ。

それ以外にもおみくじやお守りを買ったりと、科学では説明できないことを信じていた方が僕は人生楽しい気がします。』


このセリフを聞いて思ったんです。


なんて素敵な人なんだろう。

きっとこの人はどんなことにも夢を持って楽しめる人なんだろうな、と。


この人と一緒にいたらどんなことも楽しめそうだなと。



理系さんへの気持ちを自覚すると、この人に会ってみたくなりました。

LINEも欲しい。

写真は…正直この人は中身がタイプすぎる。

細身のメガネ男子だと尚良しだが、この際理系さんの見た目はどうでもいいというところまできていました。


そんなときに届いた理系さんからのメッセージ


『近所にあるテーマパークのお化け屋敷が気になっているんです。

ぐりさんみたいにお化けを怖がってくれる人が一緒なら楽しいだろうなあ(笑)

お近くにお立ち寄りの際は、お化け屋敷だけでも是非ご一緒に。』



これは…!?!?


ぐりは脇の下がじっとりと汗ばんだ!



続く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。